アジアで急成長 ベトナムの平均所得とは!?

皆さんもご存知のようにベトナムでは賃金が安いと言われておりますが、それではいくらぐらいなのか現地でのお話など踏まえお伝えします。

 

まずはホワイトカラーの給与から
ホワイトカラーの給与のボリュームゾーンは200〜357ドル役で41.7%

対してブルーカラーはボリュームゾーンが200〜357ドルで約33.8%

ホワイトカラーもブルーカラーも半数以上は200ドル〜596ドルの間におさまっております。

全体的に見てブルーカラーの方が高給取りが多いです。またブルーカラーの中でも特に土木建築業の方の賃金が高いとの事。

その理由として発展途上のベトナムでは成長が著しく外資系企業の進出が多く様々の施設、商業ビル、ホテルなど観光関係の建設が、その理由のようです。

 

 

〜学生のバイトの時給はなんと100円以下〜

飲食店のバイトの子に聞きましたが、時給は50円らしいです。また学生のバイトで英語が話せる子でも15,000VNDは日本円で約75円。

ベトナムは現在地下鉄を建設中。
交通網のインフラが整い、外資系、日経系が更に進出して多くの雇用が生まれベトナム人の平均月収は上がって行くでしょう。

ベトナム参入をお考えするなら今だと思います。

 

ちなみに、日本の大手IT企業はオフショア開発としてベトナムを活用し、現在ベトナム人のシステムエンジニアの月収は高騰しているとのことです。

やはりIT関係は進出は早いです。

日本でも、昨日lotの電気信号の統一化も視野との報道されておりました。更に生活の中にデジタル、グロバールの波が押し寄せますね。

関連記事一覧