セミナーのスピーカーとして緊張するのは何故か??

社内プレゼンや、外部でのプレゼンなどご自身がセミナーのスピーカーになる際に緊張する経験はございませんか??
受講者の方からの視線や、突然の質問など様々な理由で緊張してしまうかもしれませんね。

人の前で発表する場面出来れば避けたいと思うこともあると思います。

ですが、ポジティブに考えればアナタに取って、スピーカーとして自身の意見を発信するのは新たなチャンスを掴む時間かもしれません。

では、緊張する要因をリストにしてみました。

  1. 受講者が興味を示さない。
  2. 反応が薄い
  3. しどろもどろになる。
  4. 汗が出て恥ずかしい。
  5. 緊張して声が震える。
  6. 頭が真っ白になる。

このような事が頭の中で駆け巡り、俗に言うテンパると言う状態になる事を恐れ、表情や感情が緊張として表れるのではないでしょうか??

私も今まで数多くのスピーカーをしてきました。緊張した事も沢山ありました。
その中で、どうやったら緊張しないかを何かいい方法を悩んだ事がありました
今回は、私なりに緊張を軽減する方法をお伝えします。
実践されて、緊張が取れスピーカーが得意になれると幸いです。

克服方法


1.準備をする
準備すると言うは、自分の中でストーリー仕立てをしっかり作っておく事です。 分かりやすく言うと起承転結です。
起承転結を行い、持ち時間の使い方を頭の中でイメージ出来るまで組み立てる。


2.持ち時間を長く感じない。

緊張するのは開始の5分のみです。
この5分を順調にこなせば、あとはエンジンがかかって流暢に話せるでしょう。

お笑いでいうと、ツカミですね!

ツカミを取れるネタを数個用意しましょう。


3.立ち振る舞いを意識する

話をする時に、意識して180°視線を順番に送ります。目が泳いでいたり、目線が塞ぎこんでいると自信がないように見えます。
胸を張って、全体を見回すように話しをすると、聞き手にはゆとりあるように見えます。


4.相槌をしてくれる人を見つける

参加者の方には必ず相槌をしてくれたり、頷いたりしてくれる方がいます。緊張が解けるまでその方などに話題を振って頷いてもらうだけで、承認してもらうことで安心が生まれます。


5.聞く態勢になってない人を相手にしない。

セミナー中、腕を組んだり態度が傲慢な方がたまにいらっしゃいますよね?
そうゆう方は、意識せずそっとしておきましょう。

仮に理不尽な質問が来たら、逆に質問者にアナタならどう考えますか?どう捉えますかと?逆に質問返しをしてみましょう。

主導権はスピーカーが持ってますので、司会をまわす感じでいましょう


6.声に抑揚をつけ話そう。

小さい声や早口は良くないです。
抑揚をつけ、時には間をつくり、ゆったり話しましょう。

聞き手には、聴きやすく分かりやすくなります。

7.伝えたいポイントを絞ろう

沢山の事を伝えるより、伝えたいポイントは限定しましょう。
伝えたいことが多いと、聞き手には結局何が伝えたかったのとなってしまいます。

シンプルに分かりやすく。

自慢げに話すのではなく、謙虚に柔らかい口調でお伝えしましょう。

 

まとめ

 

どうでしたか??

スピーカーは緊張するのは分かります。でも、自分の気持ちを緊張することだけにフォーカスを当てるのではなく、一つの演目として考え、資料や当日の流れ、伝えたいポイントなどを明確にして、しっかり準備して迎えれば、堂々とした発表となるのは間違いないと思います。

【4/12・4/19・5/10・5/24 ブランディング入門セミナー開催のお知らせ】

関連記事一覧

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.