• インナーブランディング
  • インナーブランディングとは、企業ブランドとしての理念や考え方を自社の社員にアプローチする活動の事で、ブランド構築に取り組み、業績向上の大きな成果をあげる為には欠かせない重要な要素です。しかし、一般的に行われるブランディングのための施策が、「ワークショップ」や「ブランドブック」など社内向けの情報発信活動を中心としたものに留まっていては、社員の行動を変えることはできません。私たちは、理念やブランドの考え方に基づき、社員一人ひとりの意識と行動を変革するための、持続的な「仕掛け」を、組織の状況に合ったカタチで構築し、その運用支援までを担います。
企業変革ブランディング

インナーブランディング 社員の行動をブランディングする

 

一方通行のメッセージ発信や目先の制度変更、強制力では、社員のココロは動かず、ブランド実現に向けた行動へと変わることは難しい。

「会社が『言っていること』と、社員が『やっていること』が違う――」そんな声を聞いたことはないでしょうか?会社は、お客様や株主をはじめ様々なステークホルダーに対して、「わが社はこういう会社です」というステートメント(約束)をし、そして、経営者はその約束を守るために様々な施策を行っています。

しかし、肝心の社員は、その約束を果たそうという意識を持って主体的に仕事に取り組んでいない―――。そう感じたことはないでしょうか?私たちは、そのことを、「ブランドが実現していない状態」であると定義しています。「会社が『言っていること』と、社員が『やっていること』が違う」ということは、結果的に、社員が会社のブランドを実現する意識を持って行動していないことと同義だからです。

そして、社員の一人ひとりが、会社のブランドを実現する主体であることを自覚し、当事者意識を持って、自主的に行動できる状態になることを「自分ゴト化」と定義し、会社のブランドを体現する行動を自分ゴト化できるように、社員の行動そのものをブランディングするという新しいインナーブランディングの手法を、私たちは【企業変革ブランディング】と名付けました。

会社の約束、つまりはブランドの実現に向けて、社員の一人ひとりが主体的な行動への意識と意欲を持ち、自ら行動する状況を作り出す、これが、企業変革ブランディングです。

「他人ゴト」を「自分ゴト」へ 社員の意識と行動をブランディングする

企業理念や企業ブランドの実現のために、社員が自分ゴトとして「主体的に行動できるようにする」こと。これが、インナーブランディングです。つまり、社員の意識と行動をブランディングすることです。これまで、十分な効果が得られなかったインナーブランディングは、社員がビジョンや企業目標、ブランドの実現を「他人ゴト」として捉え、当事者としての関心を示さなかったり、受け身の行動しか取らないという状態でした。

それは、ブランディングのための施策が、社内向けの情報発信活動を中心としたものに留まっていたためだと考えます。ブランドを知る上では一定の効果があっても、ブランド実現につながる社員の意識形成や行動実現には効果が限定的で、社員の意識と行動そのものは、ブランドに沿ったものになっていなかったのです。

また、社員の行動を強制的に変えることはある意味簡単で、ブランドを実現する行動へと強制的にかえることもできるかもしれない。しかし、強制された行動は、いつまでも「他人ゴト」でしかなく、強力な行動管理を続けない限り、継続しません。一方通行のメッセージ発信や目先の制度変更、強制力では、社員のココロは動かず、ブランド実現に向けた行動へと、率先して、自分の意志で変わることは難しいのです。

当事者として主体的に行動すること、それが、企業変革ブランディング

社員がブランド実現に向けて、自ら考え自律的に行動するためには、社員一人ひとりがココロから納得し、行動する意思を持たなければいけません。『自分がブランドを実現していく主体としてその活動に参加しているという自覚とコミットメントの形成』が必要になります。このように、ブランド実現に向けてココロから当事者意識を持って、主体性を発揮しながら、自律的に行動するようになることが自分ゴト化です。そして、一人ひとりの社員にそのような変化を生み出す取り組みが真のインナーブランディングです。そして、社員の行動をブランディングするということは、社員のココロに働きかけて、その意識を変え、主体的な行動への意識と意欲を持たせ、自ら行動しようという状態にすることです。社員が自ら行動しなければ、何事も実現しません。ブランドも企業も目標も「絵に描いた餅」に終わってしまいます。インナーブランディングによって、ブランド実現に向けた行動を社員一人ひとりの自分ゴトにしていくことが、成功する強い会社作りの最大のカギとなります。

関連記事一覧

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.