【風評被害対策】ネガティブワードを削除 逆SEO対策の必要性

SEOサービスではなく、逆SEOサービスを専門に行っている会社もたくさんあります。 虚偽の記事や誹謗中傷の記事がインターネットに載っていることで会社に大きなダメージとなります。 検索結果に出てしまったネガティブな記事をどうにかして、会社の評判管理やブランドを守るための逆SEO対策を行っている会社があるのです。 会社のホームページを案内しているチラシや雑誌などのツールにはサイトのURLを直接記載してあるものがほとんどです。 しかしながら、利用者はそのURLを直接入力して使うことはまずしません。 多くの人がインターネットの初期ページを開き検索エンジンに探している会社の名前を入力してサーチします。 そのため結果表示画面でトップページに載らないことが重要で、逆SEO対策を行っているサービス会社では様々な技を使ってブランド名を守っているのです。 例えば自社サイトの関連しているサイトに対してSEO対策をして上位表示させることによって、自社サイトへのネガティブサイトの順位も下げることができて、さらに別のサイトへと誘導することができるのです。 中傷ブログや2チャンネルの記事が上位表示されているときにもこの方法が有効です。 ネガティブサイトに被害を受けないように、事前の防衛策をとっておくことも必要だと思います。 検索エンジンの結果表示画面からネガティブサイトに行く導線を切ってしまえば、他の人に見られる可能性も低くなります。 企業のリスク管理のため逆SEO対策はとても重要なことです。 特にリクルティングや商品購入など、間違った情報は企業/ブランドの風評被害を受ける可能性もありますので、困った時には情報の精査のためにも逆SEOは活用しましょう。

関連記事一覧

  1. No comments yet.