• ブランディングについて
  • 「ブランド」と聞くと、大企業、高級な商品などを連想しがちですがそうではありません。ブランディングは、事業をする方にとって、とても重要なことでありながら、誤解され、あるいは疎かにされている現状があります。選択肢過剰な現代だからこそ、強化すべきは「ブランド」です。
ブランド・マネージャーの役割

ブランディングを行なうメリット

ブランドに関する業務の中で、もっとも多く提起される質問は、「ブランディングでビジネスが良くなるのか?」という事です。これに対して、具体的な回答が出来なければ、ブランド価値を上げるブランディング活動も経営者や起業家の支援も得られないのです。ブランディング活動をすることによる企業側のメリットには、大きく分けて以下の3つがあります。

1.顧客の満足度が上がる➢価格競争から抜け出す➢収益に貢献する

2.顧客との絆が強まる➢顧客とのお付き合いが長くなる(LTV(顧客生涯価値)の向上)➢収益に貢献する

3.顧客からの評判が高まる➢新しい顧客獲得にかけるコストが下がる(CPA(新規顧客獲得コスト)の低減)➢収益に貢献する

いずれも、起業家や経営陣が腐心している”収益に貢献すること”に繫がっているのです。この3つこそがブランディングの存在する意義であり、これらの対象に対してアプローチする事が、ブランド・マネージャーの役割になります。

関連記事一覧

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.