【重要】市場機会を探す 3C分析とは

ブランディングについて

3C分析とは、企業、事業、サービスなど世に展開する時必ず行ってほしいフレームワークです。

自社、顧客、競合などの強み、弱み、ニーズを具現化して、価格競争エリア、市場機会を導き出すのフレームワークのことです。3Cは、市場(customer)、競合(competitor)、自社(company)の3つの頭文字を取った要素を表します。

3C分析の作成には、自社の強みを把握し、尚弱みも具現化する。

顧客のニーズを予想して期待値ではなく客観的にニーズを見える化する。

競争は直接競合と間接競合をそれぞれ分け、とにかく細かく分析する事を目指しましょう!

市場機会を的確に捉える

自分たちが展開する市場はレッドオーシャンなのか?それともブルーオーシャンなのか?

そして、その市場は成長規模があるのか?また、ポジショニングをどこに決めるか?

競合はどこか?間接競合はどこか?

他にも立体的に市場を捉える。

特に価格競争が起こるエリアを明確にしてそのエリアを避け、いかに独自性があり、ニーズと直結する市場機会に向け考える事が大切です。

3C分析により闇雲な戦略ではなく、市場機会を明確にし掘り下げる事を企業及びチームとして取り組む事をオススメします。

全てのフレームワークで言える事ですが、アイデア、情報の量が多い事が今後の戦略の決定に重要な要素となります。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.