アンゾフのマトリックスからブランド構築の準備をする

ブランディングについて

自社製品.サービスを既存市場で更に浸透、拡充させたい。また新たなサービス、新規市場にその製品、サービスを投入するの際に、視覚的に整理するフレームワークとしてアンゾフのマトリックスをオススメします。

自社製品.サービスを既存市場で更に浸透、拡充させたい。また新たなサービス、新規市場にその製品、サービスを投入するの際に、視覚的に整理するフレームワークとしてアンゾフのマトリックスをオススメします。

自社製品.サービスを既存市場で更に浸透、拡充させたい。また新たなサービス、新規市場にその製品、サービスを投入するの際に、視覚的に整理するフレームワークとしてアンゾフのマトリックスをオススメします。

製品と市場の2軸

市場浸透戦略:既存製品・既存市場を通じての成長

製品開発戦略:新規製品・既存市場を通じての成長

 

既存と新規の2軸

市場開拓戦略:既存製品・新規市場を通じての成長

多角化戦略 :新規製品・新規市場を通じての成長

詳しくイメージすると

市場で製品をさらに販売する「市場浸透」

こちらは今の既存製品/サービスの販売を他社との競争に勝ち、市場シェアを高めることを目指し、販売促進や生産性向上などの見直しを行います。

新しい製品を開発し、既存の市場で販売する「製品開発」

既存の市場で生まれたニーズをフィードバックし、新しい製品/サービスを開発or構築し市場に投入します。

新しい市場で既存の製品を販売する「市場開拓」

こちらは既存市場(既存顧客)に新商品を投入する戦略です。

既存商品のバージョンアップや既存商品を基軸に関連商品・サービスなどの開発、販売を行います。

新しい製品・サービスをまったく進出したことのない市場で提供する「多角化」です。

自社の強みを明確にして構築した新しい製品、サービスを、市場分析、競合との差別化、顧客消費者ニーズなど(3C分析)を活用し更なる多角化を目指します。

4つを掘り下げ市場機会を明確にしながら、プロジェクトや自分たちが今何に取り組んでいるかをステージごとに方向性を明確に行ってから、ブランド構築として、経営戦略&マーティング戦略&ブランド戦略を一貫して、意図的に、そして継続して行うことがとても重要となってきます。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.