【ブランドマイナス】 パリ相次ぐデモについて

ブランディングについて

皆さんもニュースで目にされているパリのデモ

もう4週間連続でフランス全土で大規模な抗議デモは、1700人以上が拘束されるなど大荒れとなっている。 中でもパリの高級ブランド店を狙った略奪行為も相次いでるとの事。

 

View this post on Instagram

 

パリは燃えている🔥🚗🔥 * 先週に引き続き、今日もフランス全土でGilets Jaunes(黄色いベスト)による大規模なデモがありました。今回は自動車燃料の増税に対する抗議らしい。パリは5500人が参加したそうでシャンゼリゼを中心に、フォッシュ通りやフリドラン通り、チュイルリー公園付近のリヴォリ通りでも暴徒化したデモ隊が車を燃やしまくってました😰 14時ごろからテレビで見ていましたが、夜になってもずーっとやってるし拘束される人がどんどん増えていく😅 シャンゼリゼ通りは終始煙に包まれていました💨 * 18時ごろになってテレビで近所のトロカデロも中継され始め、よく行くスーパーやお店が襲撃されたと知りました。現場はすぐそこ!またしてもいつかのセーヌ川増水と同じく、好奇心と少しのジャーナリズム精神と単なる野次馬心が疼いて見に行ってきました。 車の焼けた匂いが充満していて、戦後のような光景。まるで映画のワンシーンのようでした🎬 クレベール通りの被害がすごくて、ガラスを片付けてるお店が切なかった😢 みんなほんとよくやるよなぁ🙄 * お店全部閉まってて何も買えないから昼も夜もUber Eatsにお世話になりました😅🛵 * #manifestation #giletsjaunes #avenuekleber #ubereats #france #paris #デモ #暴徒化 #黄色いベスト #フランスデモ #パリデモ #パリは燃えている #クレベール通り #これがフランス #フランス #パリ #海外生活 #フランス生活 #パリ暮らし

Mai Okazakiさん(@mai.fr)がシェアした投稿 –

私個人はパリが世界で最も好きな都市なので、非常に残念なニュースだ。

デモの発端は燃料税引き上げへの抗議から始まり黄色いベスト」運動のデモとして、フランス全土で巻き起こっている。
そして、その飛び火はマクロン政権への不満への爆発と意味合いを変えてきている。

 

View this post on Instagram

 

今日は久しぶりの晴れだったので、学校の帰りにぶらぶらと20分ほど歩いてシャンゼリゼ通りに行きました🚶‍♀️ 土曜日にデモ隊と治安部隊の衝突があったので、どんなもんかなーと思っていたら結構ガラスが割られていました。 * シャンゼリゼ通りから一本外れた通りでも被害が出ていましたし、H&MもZARAもマクドも一様にやられてました。モノプリも新しくなったばかりなのに😥 写真に撮ってもキリがないくらいで、途中からお気に入りの店が無事だったかやられたか確認のパトロールみたいになりました😅 * そしてマークスアンドスペンサーがあったところはアップルストアに🍎 この前ルーブル美術館のアップルが閉店してしまっていて、昔スマホがない頃に旅行中よくネット利用させてもらったり、旦那さんのiPhoneの修理に何度か行ってお世話になっていてショックだったので新店舗うれしいなーと思ったら、もれなくガラスが割られていました😰 * 一番被害を受けたのではないかと思ったのが天下のルイヴィトン本店。割られたガラスの数が多かった気がします。お気の毒ですが、カラフルなキーホルダーで埋め尽くされたツリーのディスプレイは見事でした(ガラスの割られていないものも撮影しました)。 不満が爆発する国💥フランス🇫🇷 * #manifestation #champselysees #louisvuitton #france #paris #デモ #フランスデモ #パリデモ #デモの爪痕 #シャンゼリゼ通り #ルイヴィトン本店 #大統領批判 #フランスという国 #フランス #パリ

Mai Okazakiさん(@mai.fr)がシェアした投稿 –

日本ではカルロス.ゴーンが拘束され、ルノーにも大打撃があり、筆頭株主のフランス政府も非常に困惑している模様だ。

今回なぜこのお題で記事を掲載したかと言うと、ニュースで目にした凱旋門を筆頭に歴史的建造物に落書き、放火などのあまりにも目につき
すごくやるせない気持ちになったことが理由である。

これをブランドとして、捉えた時に正に「ブランドマイナス」だ。
この体験や映像が世界中に届いたときに、観光として圧倒的な訪問数を誇る「フランス」に対して人々が何を抱くのか??

パリには、見どころ満載なスポットが多い。

ルーブル
オランジュリー
オルセー
オペラ座
ノートルダム協会
ベルサイユ宮殿

何度も訪れたい街 パリ

また、多くのアーティスト、クリエーター、政治が素晴らしい取り組みや活動により一日でも早い「ブランドプラス=安定」を望みます。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.