そもそもブランドとは何か??

ブランディングについて

広告や販促活動を行う際に皆さんやデザイナー、コンサルタントが口にする「ブランド」という言葉。耳にしたりよく発する言葉ですが、時にアバウトすぎたり抽象的で何をすることが大切か、本当に理解せず、何となく活用していないでしょうか??

私も1年前までは十数年の経験と感覚で「ブランド」という言葉を使ったり、お仕事としてもブランディングを依頼されてきました。

ただ、当たり前ですがこのような感覚的なものでは成功も失敗も多く経験します。

私が今大変お世話になっている一般財団法人ブランド・マネージャー協会による消費者・顧客から見たブランドの定義とは

ある特定の商品やサービスが消費者。顧客によって識別されているとき、その商品やサービスを「ブランド」と呼ぶ

 

有名、無名、品質の高い、低いに関わらず、消費者・顧客が特定の商品やサービスとし識別できることが「ブランド」であるか否かの最低条件である。

とあります。

ポイントは「識別」です。

※識別とは、物事の種類や性質などを見分けることとなります。

識別されることがブランド???

どうゆう意味!?と思われるでしょうが。。。

仮に新しいもの作ったり、発表したり、世に出したスタートの瞬間は消費者、顧客がそのモノを選ぶ意思決定が少ない状態を「ブランドゼロ」と言います。

その後様々な手法でリリース後、消費者・顧客は、ブランドとの接触を繰り返すことによって評価が生まれます。

購買や支持された状態を「ブランドプラス」と言い、逆に購買しないまたはネガティブな要素で評価された場合は「ブランドマイナス」と呼びます。

このようにブランドは、消費者・顧客の購買及び選択を左右する力を大きく持つています。ブランドマネージャーは「ブランドゼロ」状態のブランドをいかに「ブランドプラス」の状態に成長させ、「ブランドマイナス」の状態に陥らないように、一貫した活動を行う責任を担っています。

私は協会のこの定義おかげで、ようやくブランドへの理解が始まりました。

ブランドプラスの状態を成長させ一貫性を持った活動。 この一貫性が大切です。

今回は多くは語れませんが、感覚よりロジカルまた基本(ベーシック)が大切です。

今はインプットしたものを皆さんに分かりやすく伝えれるようにアウトプットの反復練習ですが、今後ブランドのことを本気で気になる方の少しでも参考になれば幸いです。

今日の記事のまとめは、ブランドは手軽に口にして出来るものや簡単なものでない、またブランドを生み出してからのステージごとに、時にはプラスやマイナスになりえます。そして、プラスであり続けるためには様々な戦略と計画を緻密に一貫して、意図的で、継続的に行うことが大切です。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.